秋田とスポーツをこよなく愛する俺じんじん。普段は営業マンとして過ごす日々。趣味の映画、スポーツそして日々の生活について15m上空のアパートと高さ15mの人工壁からぼーっと我が人生を見ています。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『チャーリーとチョコレート工場』を観た。
チャーリー


正直 超面白かった

CMで見ていた時は子供向けのストーリーの無いファンタジー(あまり好きではない)かなと思っていたが、レンタル店に最新作で並んでいるのをみて思わず借りたら
がっちりはまった!

主演はジョニー・デップ
最近では『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』 が有名な、毎作全く別人のような演技とキャラクター作りをするハリウッドのトップスター。

監督はこれでデップとは4作目のタッグを組む鬼才ティム・バートン とくればブラックユーモアあふれる怪しい作品に決まっている。

ストーリーは天才ショコラシエのウィリー・ウォンカが建てた、ワンカ・チョコレートの工場を舞台としたメルヘン童話。

これがストーリーはしっかりしているし、笑いあり、ウンバルンバ(おもしろキャラクター名)のシュールなおもしろダンスあり、のりのりダンスありの全くあきさせない作品だった。

ジョニーデップ(チョコレート工場の社長ね)が登場してその怪しい身なりとしゃべり、メイク(この人のほんとの顔がよくわからなくなてきた)そしてブラックユーモアたっぷりの社長紹介あたりからこれはきてる!って感じで

更にウンバルンバが出てきて、シュールなのりのりの曲とダンスが始まってからはほんとに楽しめた。
映画のサウンドトラックを後で聞いてみたい!と思ったよ。


子供から大人まで楽しめるおもしろ作品でした♪(⌒o⌒)♪


チャーリー役のフレディー・ハイモア君も今後注目子役。『ネバーランド』(2004年)で若手男優賞を受賞しているらしい。

ちなみに原作があって、本国イギリスでは、ハリー・ポッター、指輪物語に次いで3番目に子どもの好きな本みたい。

2月という季節がら、会社にチョコがあふれていてつまみまくっているのだが、ワンカチョコレートは食べてみた~い
チョコ


俺評価 ★★★★★★★★★☆(9/10)



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2006/02/24 23:57】 | シネマ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。