秋田とスポーツをこよなく愛する俺じんじん。普段は営業マンとして過ごす日々。趣味の映画、スポーツそして日々の生活について15m上空のアパートと高さ15mの人工壁からぼーっと我が人生を見ています。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、ゆっちゃんの保育園でクリスマス発表会があった。

来年小学校のクラスや、他2歳児や0~1歳児のクラスなど各々出し物を披露する。
ゆっちゃんは当然0~1歳児のクラス。

最初に来年から小学校入学のクラスが和太鼓の演奏で出てきた。

0歳や1歳からこの保育園で育って、5歳になって和太鼓の演奏をして卒園するの伝統行事らしく、
一生懸命に演奏する子供の姿に今までのいろいろな事が思い出されるのか、
観覧している親御さんの方々はみな涙ぐんでいた


先生も同じように感動して泣いていた。
ちなみに見ていた自分らも思わずホロっと来てしまった。


最初から感動してしまって、ゆっちゃんが出てきたらどうなっちゃうんだろう
なんて思っていたらいよいよ登場。

あまりに小さいので高度な事はできないので『おもちゃのチャチャチャ』に合わせて
かしゃかしゃ鳴る手作りマラカスを振るのみ。

手作りの冠をつけて、みんなおそろいの衣装で登場


そして音楽スタート!!

ところがゆっちゃんは観客の多さに驚いたのかステージ上で
ペタッと座りこんでしまう。
他のお友達も立てない子は同じくお座り。

よく子供の発表会で手を振ったり、周りが目に入らず興奮している親御さんを
見かけるがその気持ちがよくわかった。

うちらも周りは全く目に入らず、ゆっちゃんのみ凝視、カメラを向けて
手を振ったり声をかけたり、大興奮

座り込んじゃったけど、音楽に合わせて手は動かして、マラカスはかしゃかしゃ
えらい!ゆっちゃん

ステージ上では途中で泣いて、先生に抱きついていく子もいたり、
けどみんな大観衆を前にちゃんと発表してました。

このクラスのみ、出し物が終わったら退場せずにそのまま
親御さんが観客席からステージに我が子を迎えに行くのだ


いやぁ~前日からかなり楽しみだったけど、ほんといい時間を過ごさせてもらいました。


子供の発表会ってあんなにどきどきわくわくで楽しいんだな
ゆっちゃんありがとう
スポンサーサイト

【2007/12/23 11:18】 | 赤ちゃん
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。